• はじめに
  • デカンショ節の由来~篠山町七十五年史~
  • デカンショ節の由来~篠山町百年史~
  • 「デカンショ」の語源~篠山町七十五年史~
  • 「デカンショ」の語源~篠山町百年史~

はじめに

[写真]デカンショ祭

デカンショの起源と語源について篠山町七十五年史(1955)、篠山町百年史(1980)の2冊に詳しく書かれています。語源についてはそれぞれ別の説をとっているなど非常に興味深い資料です。百年史では「はやし言葉にすぎず、特別の意味を持たない」と断言していますが、七十五年史では意外にも「デカルト・カント・ショーペンハーウェル」説を採っています。

デカンショ節の由来

篠山町七十五年史(1955)

[写真]デカンショ祭

デカンショ節は明治中期から広く全国的に愛唱されるようになり、其の発祥地としての篠山も亦デカンショと結びついて広く宣伝されて来た。然しデカンショは決して其の頃始めて生まれたものではなくて、ずっと古くから唄われて来た「みつ節」の変形である。
最近行われている盆踊は「さいもんくどき」「播州踊」「黒井踊」等であるが、日露戦争前頃までは「みつ節踊」が圧倒的であったという。
みつ節音頭というのは元来此の土地にのみ行われた固有の音頭で他地方にはなかったというが、果たしていつの頃から始まったのかは定かでない。節はデカンショと同じで只囃言葉の「デカンショ」が「ヤットコセ」のちがいだけである。
唄は総じて下卑なものが多く節は同じであるが「デカンショ」という豪快な囃が時代相にピッタリ来たのか、終いにデカンショ節として天下を風靡してしまった。其の根拠が「みつ節」にある事は、老人衆なら斉しく肯定し得るところであるが、果たしてその「みつ節」が何時頃発祥したのかは立証する何物も得難い。然し百年以上の歴史を持っている事は間違いないものと考えられる。
「みつ節」はついに「さいもんくどき」の踊に圧倒されて影をひそめてしまった。同時にその手振りも終いにあとを断ってしまった。「みつ節」にも続きものはあったようだが、元来七七七五調のドドイツ調であって、個々別々の唄を並べたものであるから音頭の種が切れると、エンギヤサ、エンギャサ、オチョコチョイノチョイと暴れ廻って踊りの輪をつぶしたものだという。
城北村の古老尾川誠一の話によると、嘗て古川町長は篠山の盆踊を篠山の伝統デカンショ節に統一して豪快なものにしたいというので、昔みつ節音頭をとったという音頭取の古老を探し求めた結果、八十歳前後の上田小太郎の現存する事を知って、この人に「みつ節」の由来と踊の実演を求めたが、老人の故を以て断られ其の代理として七十幾歳の古屋元吉が罷り出で、みつ節踊が古来この地方固有の踊であった事や、其の踊の手振りを見せたという事であるが、其の後のいきさつはわからない。

篠山町百年史(1980)

[写真]デカンショ祭

デカンショ節は、江戸時代から歌われていた篠山地方の「みつ節」の変形したものである伝えられている。
民謡研究者前川澄夫(大野=大阪フィルハーモニー所属)の長年に亘る探索によって、昭和49年(1974年)多紀郡今田町四斗谷で、また昭和五十二年(1977年)後川新田でも、デカンショ節の元歌であるといわれる「みつ節」の歌詞や踊りの資料が得られたのである。 歌詞は誠に素朴で、また野卑なものも多くあり、節はデカンショ節と大同小異で、ハヤシ言葉が地域によって多少異なっていたようである。 次に、デカンショ節が全国に普及した過程において見落としてはならぬものに、千葉県館山の江戸屋(宿屋)における東京一高の学生たちとの出会いがある。旧篠山藩青山家の奨励によって、廃藩後郷土の秀才を年々東京に遊学され、多くの秀才を養成されたことは有名である。そして遊学生たちは夏になると房州八幡の浜(1979年現在の館山市)を銷夏地と定めここにやってきた。
たまたま明治31年(1898年)の夏、江戸屋の二階で青山忠允他篠山町出身の若者達が蛮声を張り上げて元気よく唄ったのが郷土の盆踊りの唄であった。ちょうど階下に居合わせた一高生の水泳部員たちがこれを聞き、唄の自然性や野性味、またその節廻しやリズム感がよく、たちまち気に入り、篠山出身の若者たちに付添い訓育に当たっていた亘理章三郎(後に東京高等師範学校の教授)らから唄の指導をうけ意気投合、そして彼らは東京に帰ってからも自由奔放にこれを唄いまくったから、たちまち多くの学生や若者の共鳴を受けて愛唱されるようになり、全国に広まったといわれている。

スペシャルコンテンツ